入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

マンションの防犯カメラについて

最近の新築分譲マンションや賃貸マンションを選ぶ際に防犯カメラの有無をチェックする人も多くなっています。様々な犯罪から身を守るひとつの手段として、防犯カメラを採用している管理組合やデベロッパーもその有効性を認めています。ここではマンションに設置される防犯カメラについて、確認しておくべき注意点について説明いたします。

まず確認すべき点としては、防犯カメラの台数と設置場所についてです。防犯カメラは設置したとしても、必ずしも安全とは言えません。数が適切な台数でなく、また設置場所に関しても映らない死角がある場合は防犯性に疑義が生じます。マンションの見学会や説明会の時に防犯カメラの具体的な位置や死角について確認しておくことが重要となります。

また、マンションに設置される防犯カメラは管理組合や管理会社が管理を行っていますので、映った映像は誰もが簡単に見られるわけではないことを理解しておきましょう。映像に関しては、人権保護の観点で確認することができない場合が多く、管理組合や管理会社の承諾が得る必要があります。管理組合の理事長や役員が立会うことで、防犯カメラの映像を見ることができるでしょう。また犯罪が起こった際は、当然その犯罪を立証するために当事者として見ることが許されます。