入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

マンションの修繕積立計画

快適で長く住んでいく分譲マンション、月日が経てば建物をリフレッシュさせる必要がでてきます。マンションを選ぶ場合に知っておきたいこととは、マンション全体の販売総戸数を確認することも必要です。それは大規模な修繕の費用がマンションの規模によって変わるということです。住民の数により修繕費の負担が多くなることも考えられます。通常のマンションは外壁の塗装や配管調査や屋上の防水工事、その他の箇所に不具合があれば改修など、ある程度の年月のサイクルで大規模修繕を行います。大がかりな工事である為に経費も膨大になるケースもあります。例えば防水工事にしてもマンションの階数により修繕する費用の違いはありますが、これは入居者の一時払いと毎月の修繕積立金によって、個人負担をしなくていいように計画されています。

しかし、修繕をする時期までに積立金が必要な額に満たないこともあり、工事の前に臨時総会を開いて、各住民に負担金を求めることもあります。新たな支出に応じられないという人が多ければ修繕を見送らざるを得ません。管理会社の作成した修繕積立金計画がまずかったとか、予定入居者数に満たなかった為積立金が集まらないケースなども起こりえます。小規模マンション購入する際には修繕積立金計画の十分な説明を聞いておくことも大切です。

おすすめ記事