入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

賃貸、分譲、投資用マンションの違い

マンションには、賃貸マンション、分譲マンション、投資用マンションとさまざまなものがあります。賃貸マンションは、毎月家賃を支払って住むタイプのマンションです。共用部分などの整備やメンテナンスは家主の責任となるため、比較的気楽に住むことができるタイプと言えます。お金を払うならば自分のものにしたいという場合には分譲マンションがあります。分譲マンションは、購入者がその部屋の所有者となります。共用部分は購入者全員の持ち物ということになります。ちなみに分譲マンションでは、管理費や修繕積立金など、毎月支払う必要のある費用があるケースが多くなっています。これは、共用部分の維持、管理や大規模改修の費用などに充てられます。

投資用マンションは、他の二つと異なり、自分たちが居住するためのものではありません。購入した部屋は、賃貸マンションとして他の人に貸し出すことになります。もちろん、自分で住むことも可能です。マンション一棟のオーナーとなると、相当な資金がないと購入することができませんが、これらの投資用マンションでは、一部屋ごとに売りだしているため、購入しやすくなっているのが特徴です。入居者を探したり、マンションの運営は販売した会社が行うケースが多くあります。