入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

マンションと一戸建ての比較

住宅に関して、賃貸派と持ち家派の比較は結論が出にくい部分がありますが、マンションと一戸建ての比較についても同様です。ここではマンションと一戸建てのメリット・デメリットについて比較します。マンションにおいては集合住宅という属性上、必要な施設は皆で出し合うという原則があり、それは結果的に割安にモノやサービスを購入できるというメリットがあります。具体的には共用設備を割安な費用で設置できるというもので、ゲストルームやキッズルーム、パーティルームなど共用で使える施設が利用できる点がメリットとなります。一戸建てにはこのような施設を利用することができません。

一戸建ての場合は、住宅ローンを利用した場合は、月々の出費としてローンの支払いと光熱費のみになりますが、マンションの場合はそれ以外の出費として管理会社に支払う管理費と、将来の修繕工事の際に必要な修繕積立金がそれぞれ発生します。また修繕費は一括でまとめて支払が必要なケースもありますので、一戸建てにはそういった出費がないところがメリットと言えます。しかし一戸建てにも自分で修繕が必要な時期は必ずやってきますので、そのために計画的に修繕の費用をプールする必要があります。

このようにマンションと一戸建てでは出費面と費用効率の面でメリット、デメリットがありますので、自宅を購入すると決めた方は、マンションと戸建住宅のそれぞれの長所と短所を十分に理解したうえでどちらを選択するか決断しましょう。