入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

老後を考えて中古マンションの購入を

現代ではサラリーマンは気楽な稼業ではなくなってしまいました。デフレ経済のあおりをうけて、物が売れずサラリーマンの年収は減少の一途を辿っているのです。そのため妻も専業主婦ではなくパートやアルバイトをして家計を助けなければいけない状態になっているのです。また住居費や光熱費、食費などの固定費の見直しも欠かせない状態になっているのです。家は賃貸の安いアパートやマンションを選び、できるだけ慎ましくせいかついなければいけない状態になっているのです。そのためサラリーマンでは一生自分の家と言うものをもてないのではないかと落胆する人もすくなくありません。

しかしサラリーマンは現代終身雇用制が保証されていません。いつ自分がクビになるかもしれないリスクを抱えているのです。またサラリーマンは定年まで働ける保証もないのです。どの企業も早期退職勧奨などを行い、55歳でサラリーマン人生を終える人も多いのです。このように早くに定年を迎えると年金を貰えるまでの生活が非常に不安になるのです。固定費の中でも住居費である家賃の支出は多く、賃貸に住んでいるとその家賃の捻出が不可能になるのです。そのため今支払っている家賃と同等の金額のローンを組み、たとえ築年数40年のものであっても自分の持ち家や中古マンションを購入してしまったほうが賢明だといえるのです。働いているうちに頑張って繰り上げ返済をし、家だけは自分の持ち物とすることで老後などの不安を払拭することができるのです。

おすすめ記事