入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

マンションの防犯について

最近分譲されるマンションにはオートロックやモニターフォン、24時間自動カメラ監視システム、警備員の常駐などがあり非常にセキュリティー面で充実しているのです。そのため安心して子どもを育てることが出来るとして若い夫婦にこうした分譲マンションは非常に人気を集めているのです。しかしこうしたセキュリティが充実していても、マンションにおける盗難や痴漢、窃盗などの犯罪が後を絶たないのです。こうした犯罪から身を守るためには、セキュリティだけに手折りきるのではなく、自己防衛も非常に重要だといえるのです。

セキュリティが充実しているマンションには盲点があるのです。それは特に大型の巨大マンションであると住人が非常に多く、オートロックを掻い潜ってマンション内に潜入しても、それが不審者であるかどうか多くの人が見分けられない盲点があるのです。そのため堂々と鍵を破り部屋の中の金品を奪うという犯罪も多々見受けられるのです。また最近のマンションの住人は隣人にどんな人が住むか無関心で近所づきあいも少なくなっているのです。そのことは犯罪者にとって犯罪を犯しやすい環境にあるのです。そのためマンションの住人は、マンションのセキュリティには依存し過ぎず、気をひきしめしっかり家の扉の鍵を締めたり、独自に二重ロックにするなどの工夫が必要です。また隣三軒程度の近所づきあいは最低必要であり、挨拶をきちんとし顔見知りになっておくことが大事なのです。

おすすめ記事