入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

マンションの維持管理

新築マンションを購入すると一定期間内で発生したトラブルについて販売会社の規定に基づいて、修理や交換を無料で受けられるアフターサービスがあります。通常の販売会社のアフターサービスの期間は2年程度です。アフターサービスのおもな対象は、部屋の構造的な不具合、壁の歪みや床のきしみ、建具の異常などで、他の設備、換気扇や給油器、ガス器具などはメーカーが保証しているのでアフターサービスの対象にはなりません。又、マンションを購入すると1年検査、2年検査といった販売後のアフターサービス検査も行われます。建物の構造的な部分にトラブルがないかを検査し専有部分の不具合箇所がないかも確認する作業です。期限付きの保証ですので、保証期間が過ぎれば無償のサービスは受けられなくなります。

管理会社の業務内容につては管理費の徴収や建物のメンテナンス、日常の清掃、修繕計画の作成、積立金の資産運用からセキュリティなどで重要なことは建物の修繕に必要な積立金の運用だけで十分乗り切れるような計画を実行していくことです。区分所有者に新たな負担が及ぶような管理会社では問題があります。マンションの問題は建造物のメンテナンスから、住民間のトラブルまで幅広く行い、住民と管理会社の信頼関係が大切です。

おすすめ記事