入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

マンションに引っ越して

マンションに住むことが当たり前になっていく。転勤やら何やらでいつの間にか、最初に一人暮らしをした時の感動がなくなってしまう。少し嫌ですが、これは仕方のないことなのかもしれません。慣れというものは恐ろしいような、しかし、これがなければ、仕事など到底出来はしません。一番最初に、マンションに住んだ時のことを思い出してみると、私は、こんなに冷静に部屋の中を見れたでしょうか。家具の置き場を、簡単に決められていたでしょうか。答えはもう、言わなくても、聞かなくてもわかってしまう。初めてというのはとても貴重なものなのだと、今になって教えられてしまいます。

初めて一人暮らしをしたとき、私は家具の置き場を小一時間考えたり、自分の家以外のところに住んだ高揚感で、少しばかり眠れなかったりしたものです。今は、少しなれないな、程度で終わってしまう。マンションに住んで思うこと、それは、とても大切なこと。経験して、慣れていって、いつの間にかなくなってしまうもの。でもそれは大切にしていかなくちゃならないものだと思います。初めてマンションに住んだ時の、あのよくわからない感覚。あの感覚は新鮮で、味わったことのない感覚でした。それをどんな言葉としようか、今も決めかねています。

おすすめ記事