入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

中古マンション建替え狙いの投資

築年数が古く、旧耐震基準で造られたマンションの建替えを促進させる法律が最近改正されました。マンションの建替えには所有者全員の合意が必要であった内容を、全体の8割の合意で決定できるという緩和の方向に改正されています。このようなマンション建替えに対する国の後押しを受け、中古マンション購入時に建替えがスムーズに進められそうな物件に熱視線が向けられそうです。

マンションを建替るハードルは相当高く、全国的にもそれほど事例数がありません。旧耐震基準の建物であるから、安全性を訴えて建替の計画を立案しても所有者の中には今の現状で満足しているので反対する人は一定数おり、また費用面でも負担しなければならない場合はなおさら反対数も増加します。重要なことはこの費用負担があるかどうかが決め手につながります。

マンションの敷地には容積率という規制があり、敷地の何%までしかマンションの延べ床面積を抑えられないという内容があります。今の全住戸数よりも倍以上の住戸が確保されるくらいの容積がなければ、建替えで発生する建築費用を賄えませんので、狙い目としては団地形式の築古マンションです。団地形式のマンションは敷地が広く、容積率の上限まで使い切ってない物件が多いため、容積率を目一杯使うことで、住戸数を増やせる条件が整っていると、費用負担なしに新築マンションが手に入る可能性が高まります。