入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

Pick Up Entry
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション
入居したら話し合いのできる雰囲気作りが必要な分譲マンション

マンション購入前のチェックポイント

マンションを購入する上でチェックする場合、大別すると不動産購入上の法律上のチェックと購入マンション自体をチェックすることです。不動産屋さんと契約する前には業者は重要事項説明書を買主に交付して説明しなければいけません。疑問に思うことがあったら質問することです。書類の確認をする場合、誰がその不動産の持ち主かという登記簿の確認です。又、登記簿謄本の証明年月日では古いものは、記載事項が変更になっている場合がありますので日付の確認が必要です。契約書の確認をして契約の履行、代金の支払いと同時にカギと所有権の移転登記に必要な書類を貰い、所有権移転の登記が完了したら、登記簿謄本の交付と内容の確認です。

マンション自体のチェックポイントはマンションの現地調査を行いますが、広告や業者からの説明だけでなく、物件のある現地説明会を業者が行う場合も、数回、自分で現地にいくことが大切です。モデルルームでの物件のチェックは地形や、地盤、境界、間取りなど、環境の面では騒音や通風、振動など公共施設では電気、ガス、水道、生活の利便性では近隣の病院、公共施設、日常の買い物。モデルルームでは照明器具やインテリアなどに惑わされないことです。モデルルームは分譲する物件の中ではグレードの高いタイプの場合が多いです。

おすすめ記事